<四谷>迎賓館赤坂離宮アフタヌーンティーレポート

迎賓館赤坂離宮アフタヌーンティー

 

2018年5月20日から始まった迎賓館赤坂離宮のアフタヌーンティーに行ってきました。

お天気にも恵まれ、素敵なアフタヌーンティーになるはずだったけど、意外な盲点が・・・

※この記事の情報は2018年6月のものです。
 

geihinkan akasaka afternoontea3

<場所>

東京 四谷
迎賓館赤坂離宮 前庭

<最寄駅>

・JR線「四谷駅」
赤坂口より徒歩5分

・東京メトロ丸の内線、南北線「四谷駅」
1番出口より徒歩5分

 

迎賓館赤坂離宮は1909年(明治42年)に建てられたネオ・バロック様式の建物。

当初は東宮御所として建築されましたが、当時の東宮(大正天皇)の住居としてはほとんど使われず、昭和天皇が皇太子時代に数年間だけ東宮御所として使われました。

東宮御所としてあまり使用されなかったのは住居にするには経費が掛かりすぎることから。

その後は政府の管轄のもと、さまざまな用途に使われたのちに、改装し1964年に迎賓館として国賓を接遇する施設となりました。
2009年には国宝に指定。2016年にはそれまで年に数日だった一般開放が通年を通して一般公開されるようになりました。

そして、2018年5月20日からは前庭でアフタヌーンティーが出来るようになりました!

こちらがアフタヌーンティーを提供してくれるキッチンカーです。
こちらがアフタヌーンティーを提供してくれるキッチンカーです。

◆迎賓館赤坂離宮のアフタヌーンティー情報

こちらは迎賓館赤坂離宮ののアフタヌーンティー2人分のケーキスタンドです。ティーフードは日によって多少異なるそうです。
こちらは迎賓館赤坂離宮ののアフタヌーンティー2人分のケーキスタンドです。ティーフードは日によって多少異なるそうです。

<アフタヌーンティーの提供時間>

10:00~17:30

1日20食限定

<アフタヌーンティーの価格>

・アフタヌーンティー
2人分で¥4,200(税込)

※別途、前庭の見学料金300円が必要

<アフタヌーンティーの予約>

予約は出来ません。

◆迎賓館赤坂離宮のアフタヌーンティーのティーフード

geihinkan akasaka afternoontea sweets

<上段>

  • ガトーショコラ
  • コーヒースポンジケーキ
  • マカロン
  • プチマドレーヌ
  • デニッシュパン
geihinkan akasakaafternoontea pastry

<中段>

  • プレーンスコーン
  • シナモンロール
  • 生クリーム
  • ブルーベリージャム
geihinkan akasaka afternoontea savoury

<下段>

  • サーモンのクロワッサンサンド
  • ツナのオープンサンド
  • 生ハムのオープンサンド

◆迎賓館赤坂離宮のアフタヌーンティーの紅茶

こちらはアッサム
こちらはアッサム
こちらはダージリンのアイスティー
こちらはダージリンのアイスティー

<紅茶のおかわり>

おかわり不可

<紅茶のサービススタイル>

ポットサービス

<選べる紅茶の種類>

  • ダージリン
  • アッサム
  • アールグレイ
  • ダージリンアイスティー
  • アールグレイアイスティー
迎賓館赤坂離宮アフタヌーンティーのメニュー
迎賓館赤坂離宮アフタヌーンティーのメニュー

◆迎賓館赤坂離宮のアフタヌーンティーの感想

TwitterやFacebookで話題の迎賓館赤坂離宮のアフタヌーンティーに行こうとお友達が誘ってくれたので、さっそく行ってきました!

私が訪問したのは関東が梅雨明けした、平日の金曜日。

迎賓館赤坂離宮のアフタヌーンティーは限定20食とのことなので、張り切って9時50分にお友達と四谷駅で待ち合わせして迎賓館へ向かいました。

迎賓館に入るときは正面からではなく、右側にある入り口から入ります。手荷物検査を受け、前庭の拝観料300円を払ってから敷地に入っていきます。身分証明書などは提示しなくても大丈夫でした。
迎賓館に入るときは正面からではなく、右側にある入り口から入ります。手荷物検査を受け、前庭の拝観料300円を払ってから敷地に入っていきます。身分証明書などは提示しなくても大丈夫でした。
この日はお天気も良く、美しい迎賓館が迎えてくれました。
この日はお天気も良く、美しい迎賓館が迎えてくれました。
こちらが前庭のカフェエリア。この日は強風のためパラソルは閉じたまま、炎天下の中でのアフタヌーンティーになってしまいました。
こちらが前庭のカフェエリア。この日は強風のためパラソルは閉じたまま、炎天下の中でのアフタヌーンティーになってしまいました。

洋館が好きすぎて、紅茶教室で迎賓館を含む洋館のレッスンを担当したこともある洋館オタクなので、迎賓館の前庭で美しい迎賓館を眺めながらのアフタヌーンティーはさぞかし素敵だろうと心躍らせながら訪問しました。

オープンの10:00に合わせて迎賓館へ向かったので、アフタヌーンティーは一番乗りでした。

キッチンカーで提供されるアフタヌーンティーなので、ケーキスタンドや紅茶は自分で席へ運ぶセルフサービスだけれどロケーションは最高です。

ところが、私が訪問した日はかなりの強風。

ケーキスタンドを受け取って、お席について写真撮影を始めたら、なんとティーフードが風で飛んで行ってしまいました。

飛んで行ったのは、下段のサンドウィッチとオープンサンドと上段のデニッシュパン。

すぐに、キッチンカーのスタッフさんが来てくれて、新しいのをお持ちします。と言ってくれたので助かりました。

まさかティーフードが飛んで行ってしまうとは思わなかったとはいえ、ティーフードを無駄にしてしまったことを反省しました。

キッチンカーのスタッフさんが優しい人でよかったです。ごめんなさい、そしてありがとうございました。


迎賓館のアフタヌーンティーはお天気をチェックするときに雨だけじゃなく、風にも要注意ですね。この日は8mの強風の日だったので、それくらいの日は予定を改めたほうがよさそうです。。。

炎天下だし、強風だし、ゆっくりアフタヌーンティーを出来る状況ではなかったので、写真撮影をした後は、お持ち帰り出来ないティーフードをさくっと食べて、

残りはお持ち帰り用のパックをもらい、それに詰めてささっと撤収しました。

素敵なアフタヌーンティーになるはずだった迎賓館アフタヌーンティーは、過酷なアフタヌーンティーとなってしまいました。

一緒に行ったお友達とは、とんでもないサバイバルアフタヌーンティーだったね、と大笑い。

私が撮影している間、お友達は日傘で必死に風よけをしてくれてたのです。

大変だったけど、一生忘れない思い出のアフタヌーンティーになりそうです。

今度は涼しくなって、穏やかな天気の日にリベンジしたいと思います!

帰りは正面の門から帰ることが出来ます。
帰りは正面の門から帰ることが出来ます。
大変な思いをしちゃったけど、やっぱり迎賓館赤坂離宮は素敵なところですね
大変な思いをしちゃったけど、やっぱり迎賓館赤坂離宮は素敵なところですね

◆今回アフタヌーンティーに訪れたお店の詳細

迎賓館赤坂離宮 前庭 キッチンカー

住所:東京都港区元赤坂2-1-1
営業時間:10:00~17:00(ラストオーダー16:30)
席数:32席

迎賓館赤坂離宮のHPはこちら>>

迎賓館赤坂離宮の公式Twitterはこちら>>

迎賓館赤坂離宮の公式Instagramはこちら>>