<お菓子と紅茶のマリアージュ>サダハルアオキの「シュー ア ラ クレーム」に合う紅茶は?

<お菓子と紅茶のマリアージュ>サダハルアオキの「シュー ア ラ クレーム」に合う紅茶は?

マリアージュとはお茶とお菓子が引き立つ、最適な組み合わせのことです。

スイーツを最高に美味しくいただくには、それに合った紅茶を選ぶことがとっても大切。合わせた紅茶によって、おいしさが増したり、減ったりしてしまうからです。

今日のスイーツはパティスリー・サダハル・アオキ・パリの「シュー ア ラ クレーム」です。

さて、どんなマリアージュになったでしょうか?

パティスリーサダハルアオキパリ丸の内店
パティスリーサダハルアオキパリ丸の内店

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」はこちらの丸の内店の他、新宿伊勢丹、東京ミッドタウン、渋谷ヒカリエ、名古屋タカシマヤにも店舗があり、海外ではパリに4店舗、台湾に2店舗を構える人気店。

日本でもパリと同じケーキを販売しています。

「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」といえばカラフルで美しい長方形のケーキが有名ですが、シュークリームもとても人気があり、雑誌や新聞のシュークリームランキングで何度も1位になっています。

◆今日のスイーツ「シュー ア ラ クレーム」

<お菓子と紅茶のマリアージュ>サダハルアオキの「シュー ア ラ クレーム」に合う紅茶は?

 

パティスリー・サダハル・アオキ・パリのシュークリーム「シュー ア ラ クレーム」は何といっても見た目の完成度が高いです。こんなにきれいな形のシュークリームってあんまり見かけないですよね。

 

もちろん素材にもこだわっていて、小麦粉と発酵バターはフランス産、バニラビーンズはマダガスカル産。

程よい硬さでさっくりしたシューと濃厚でコクのあるカスタードクリームは王道で由緒正しいシュークリームといわれています。

 

◆選んだ紅茶は「ルフナ」

<お菓子と紅茶のマリアージュ>サダハルアオキの「シュー ア ラ クレーム」に合う紅茶は?

発酵バターを使った奥行きのある味わいのシュークリームに合わせたのは「ルフナ」。

複雑な味にはキャラクターの濃い紅茶を合わせたほうが美味しいかなと思い、個性的な味を持つ「ルフナ」を合わせました。

 

 

 

 

◆ルフナという紅茶

ルフナは黒っぽい水色
ルフナは黒っぽい水色

「ルフナ」はスリランカのロウグロウンティー。

渋みが少なく、ちょっぴりスモーキーね紅茶です。

上質なルフナには黒蜜の様な深い甘みがあり、発酵バターとの相性がとてもいいです。

ルフナについての詳しい記事はコチラ>

◆マリアージュの結果

ティーウェアはロイヤルアルバートのミランダ・カーコレクションです。
ティーウェアはロイヤルアルバートのミランダ・カーコレクションです。

サダハル・アオキのシュークリームはさっくりとしたシュー生地と、しっかりとした濃厚なカスタードクリームの組み合わせが美味しいシュークリーム。

カスタードクリームは濃厚というか、「ねっとり」という表現のほうがしっくりくる感じ。そして卵とバニラの香りを十分に感じられました。

カスタードクリームが重いから、甘さを控えめにしてバランスをとっているんだと思います。確かにバランスが良くて美味しいのですけど、甘いものが好きな私にとっては、もっと甘くてもいいのにな、と感じてしまいました。

ルフナはストレートとミルクティーどちらも試してみました。

私はこのシュークリームはミルクティーのルフナのほうが相性がいいと思いました。

ミルクティーのほうがシュークリームとなじんで、どんどん食べたくなる感じ。コクのあるスイーツはミルクティーとの相性がよいということの再確認が出来ました。

ちょっぴりクセのあるルフナのミルクティーと風味豊かなシュークリームのマリアージュはとっても美味しかったです。

◆今日のお店の詳細

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ(pâtisserie Sadaharu AOKI paris)

店名:パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 丸の内店
所在地:東京都千代田区丸の内 3-4-1 新国際ビル1F
最寄駅:JR線「有楽町駅」国際フォーラム口より徒歩3分
TEL: 03-5293-2800
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休

シュー ア ラ クレーム(Chou à la crème)
1個520円(税込)

パティスリー・サダハル・アオキ・パリのHPはこちら>>