<お菓子と紅茶のマリアージュ>ラデュレのアルモニーに合う紅茶は?

ラデュレのアルモニーと紅茶

マリアージュとはお茶とお菓子が引き立つ、最適な組み合わせのことです。

スイーツを最高に美味しくいただくには、それに合った紅茶を選ぶことがとっても大切。合わせた紅茶によって、おいしさが増したり、減ったりしてしまうからです。

今日のスイーツはラデュレの「アルモニー」です。

さて、どんなマリアージュになったでしょうか?

ラデュレ銀座店
今回はお店が混雑していたので、写真が撮れず、この写真は去年(2017年)のものです。

 

ラデュレは1862年創業のパリの老舗のパティスリー。
もともとはブーランジェリー(パン屋さん)で後にパティスリー(ケーキ屋さん)になりました。

ラデュレといえばマカロン!と言われる通り、現在の主流であるマカロンのマカロンパリジャンを発案したのがラデュレです。

マカロンパリジャン以外にもマカロンを使ったケーキの種類が多いのも特徴です。

日本のラデュレ1号店は2008年にできた銀座三越店です。その後日本橋や新宿にも店舗ができ、
最近では表参道に初の路面店が出来ました。

ラデュレについて、もっと詳しい情報はこちら>>

◆今日のスイーツ ラデュレの「アルモニー」

laduree harmonie piece1

 

今日のスイーツはラデュレの「アルモニー」。

ピスタチオのマカロンビスキュイのベースにピスタチオクリームと苺とラズベリーとピスタチオが乗った可愛らしいスイーツです。

去年は夏に販売されてた記憶がありますが、今年は春にも登場。
若草色が春らしいですものね。

アルモニーはアルファベットで表記するとHARMONIE。英語のハーモニーのことです。
ピスタチオとベリーのハーモニーが楽しめるからこの名前が付いたのかななんて思ってしまいました。

laduree harmonie piece2

◆選んだ紅茶は「ディンブラ」

laduree harmonie tea1

フルーツたっぷりのケーキなので、ニルギリが合いそうだけど、

ピスタチオクリームのことを考えると、もうちょっと渋みの強い紅茶を合わせたいなと思って、

大好きなディンブラを選びました。

◆「ディンブラ」という紅茶

ディンブラはミルクティーにしても美味しい紅茶です。
ディンブラはミルクティーにしても美味しい紅茶です。

スリランカで採れる「ディンブラ」は私にとって、一番紅茶らしい紅茶。

適度な渋みとしっかりとしたコクと紅茶らしい香りが魅力的な紅茶です。

ディンブラについての詳しい記事はコチラ>>

◆マリアージュの結果

ティーウェアはエインズレイのチェリーブロッサムです。
ティーウェアはエインズレイのチェリーブロッサムです。

今回は使いたい食器が決まっていたので、それに合いそうなケーキを選びました。

エインズレイのチェリーブロッサムは桜が咲いている時にこそ使いたいですからね。

ピンク系のケーキも合いそうだけど、緑と赤のアルモニーもきっと似合うわ!と思って選びました。

アルモニーはラデュレのスイーツの中ではさっぱり目のお味。
でも、さっぱりし過ぎない絶妙なバランスがラデュレの素晴らしいところ。

コクのあるピスタチオクリームとフレッシュフルーツのイチゴとフランボワーズの組み合わせはベストマッチ。
ピスタチオのマカロンビスキュイは甘すぎないので、ラデュレのケーキは甘すぎてニガテと思っている方にもおすすめしたいケーキです。

今回は最初からストレートのディンブラで楽しもうと思ったので、抽出時間を短めにしてライトなディンブラにしてみました。

確認のために、濃い目に入れたディンブラをミルクティーにしたものも合わせてみましたが、
やっぱりアルモニーにはストレートのディンブラのほうが合いました。

味を知っているスイーツは紅茶選びに迷いがなくていいです。

アルモニーにはニルギリやキャンディだと物足りなそうで、ウバでは強すぎると感じ
ディンブラもミルクティーよりはストレートのほうが合うはずと思って、軽めに入れたディンブラは大正解でした。

◆今日のお店の詳細

ラデュレ(LADURÉE)

店名:ラデュレ銀座店
所在地:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 2F
最寄駅:
東京メトロ銀座線、丸の内線、日比谷線
銀座駅A7出口 徒歩1分
TEL: 03-3563-2120
営業時間:10:30〜22:00(L.O. 21:00)
定休日:銀座三越に準ずる

アルモニー
1個907円(税込)

ラデュレ(LADURÉE)の公式HPはこちら>>