<紅茶のマナー>エレガントな紅茶の飲み方

s P4290954

 

紅茶ってなんとなくエレガントで上品なイメージがありますよね。

あわただしい朝や、仕事中にはコーヒーでも
ゆったりとした優雅な時間には紅茶を飲みたくなる、という方も多いのではないでしょうか?

優雅なティータイムを送るときには、ぜひエレガントに紅茶を楽しんでいただきたいので
美しい紅茶の飲み方をお伝えいたします。

紅茶を飲むときのマナー①ティーカップは右手で持ちましょう

マナーとしては左右どちらの手でカップを持っても問題ありませんが
TeaMAgazineでは右手で持つことをお勧めします。

理由としてはサーブする人は右手でカップを持つことを基準としてサーブしてくれるからです。

ホテルやティーサロンではだいたい取っ手(ハンドル)は右側にして置かれます。
ホテルやティーサロンではだいたい取っ手(ハンドル)は右側にして置かれます。

日本ではホテルでもティーサロンでもだいたい右側に取っ手(ハンドル)が来るようにサーブされます。

英国式のティーサロンでは取っ手(ハンドル)を左側にしてカップを置く場合もありますが、これは、ミルクやお砂糖を入れてかき混ぜる時に邪魔にならないようにとの配慮で左手でカップをもってという意味ではありません。

右手に持ったスプーンでカップをかき混ぜた後は右手で取っ手をとって、くるっと回してから持ち上げて紅茶をいただきましょう。

使用したスプーンはソーサーの上のカップの向こう側に置いておきます。

紅茶を飲むときのマナー②ティーカップは両手で持たない

そしてティーカップを持つときに特に気をつけたいのが両手で持たないということ。

両手で持っていけない理由は2つあります。

 

理由その①お茶がぬるいですよ、というメッセージになってしまうから

両手で持つということは、ハンドルが無いほうは手で直接ティーカップをさわることになります。

カップを直接手で触れることが出来るのは、カップが熱くないからということになり、私はぬるいお茶を飲んでいます。というアピールになってしまうのです。

紅茶はアツアツの状態で出されるのが理想です。

両手で持つということは、「ここのホストは私にぬるいお茶を出しました。」と

ホストに対して失礼な態度をとっていることにもなりかねないのです。

ティーカップは両手で持ってはいけません。
ティーカップは両手で持ってはいけません。
ティーカップは片手で持ちましょう。
ティーカップは片手で持ちましょう。

理由その②ティーフードを触った手でカップを触らないため

ティーフードはサンドウィッチやマカロンなど手でつまんで食べるものも多くありますよね。
ティーフードをつまんだ手でカップを触るのはNGなのです。

カップが食べ物の油で汚れてしまいますし、油が着いた手でカップを持ったら、滑ってカップを落としてしまう可能性もあります。

ですから、カップを持つ手とティーフードをつまむ手は分けなくてはなりません。

右手でカップを持ったらティーフードは必ず左手でつまんでくださいね。

ティーカップを右手で持ったら、ティーフードは左手でつまんでいただきましょう。
ティーカップを右手で持ったら、ティーフードは左手でつまんでいただきましょう。

紅茶を飲むときのマナー③ハイテーブルとローテーブルでは持ち方を変える

紅茶をローテーブルでいただくときはソーサーも一緒に持ちましょう。
紅茶をローテーブルでいただくときはソーサーも一緒に持ちましょう。

紅茶をいただくときの器、カップ&ソーサーはテーブルの高さによって、持ち方が変わります。

ダイニングテーブルのようなハイタイプのテーブルの時はカップのみをもって紅茶をいただきます。

ローテーブルの時は左手でソーサーをもって胸元あたりまで運んでから
カップを口に運びます。

どちらの時も口をカップに近づけるのではなく
カップを口に近づけて飲むようにしてください。

もちろん姿勢は背筋をのばしていてくださいね。

紅茶を飲むときのマナー④ティーカップのハンドル(取っ手)はつまむ

ティーカップのハンドル(取っ手)は指を入れて持つのではなく、つまんで持ちましょう。

マグカップなどの大きなものは重たいので、カップを落とさないように、ハンドルに指を入れて持つようにハンドルが大きく作られています。ですから指を入れて持つのが正解なのですが、小ぶりなティーカップのハンドルは指を入れるためのものではありません。

ティーカップのハンドルはつまんで持つように作られているのです。

アンティークカップなどは取っ手の穴が指が入らないくらい小さいものがあります。
それは、取っ手は指を入れて持つのではなくつまんで持つものということを物語っています。

取っ手をつまむときは指をそろえるようにしてつまみましょう。

このような指の入らない取っ手(ハンドル)は本来つまむものということがよくわかります。
このような指の入らない取っ手(ハンドル)は本来つまむものということがよくわかります。

いかがでしたか?

アフタヌーンティーに行くときや、お友達のおうちにお呼ばれされたときに活用していただければ嬉しいです。

ぜひ、美しい紅茶の飲み方で、エレガントな気分を味わってくださいね。