紅茶の賞味期限と正しい保存方法

sTea_caddy_Chinese_with_caddy_spoon_by_Elizabeth_Morley_ _Indianapolis_Museum_of_Art_ _DSC00634

 

今日は、紅茶の賞味期限と保管方法についてのお話です。

きちんと保管できている紅茶とそうでない紅茶は味や香りにびっくりするほど差が出てしまいます。せっかく買った紅茶を最後までおいしく飲むために、ぜひしっかり覚えて、活用してくださいね。

TOPの写真はヴィクトリア朝時代に使われていた紅茶保存容器(ティーキャディ)です。

◆紅茶の賞味期限

紅茶は一度買開封したら、香りや風味がどんどん飛んで抜けて行ってしまいます。ですから、なるべく早く、おいしいうちに飲んでくださいね。

理想としては開封してから、2か月ほどで飲み切るようにしてください。

未開封の紅茶でも2年以内に飲み切るようにしてくださいね。

 

◆一回に買う紅茶の量

一度に買う紅茶の量、おすすめの量は50gです。

紅茶は新鮮なほうが美味しいので、新しい茶葉をこまめに買ったほうが、いつでも美味しい紅茶をいただけます。

今では紅茶を大量に買うことの方が多くなりましたが、紅茶を仕事にする前は50gのパッケージのものをよく購入していました。

缶入り紅茶だと100g以上のものが多いので、なるべく缶入りの紅茶は避け、袋入りの紅茶や量り売りの紅茶をよく購入していました。

 

◆紅茶の保管場所

紅茶を冷蔵庫で保管するのはよくないです。

新鮮に茶葉を保てるというイメージがあるのか、冷蔵庫に茶葉をしまっているという話を聞くのですが、冷蔵庫に茶葉を保管しておくのは実は紅茶にとって良くないことなのです。

茶葉を冷蔵庫に入れておくと、他の食材や冷蔵庫の匂いが移ってしまい、せっかくの紅茶の香りを楽しめなくなってしまいます。

紅茶は冷蔵庫には絶対に入れないでくださいね。

また、冷凍庫に入れている方もいますが、それもNGです。

冷凍庫から出すと、部屋の温度との差により容器や袋に水滴がつきます。

そうすると水滴が容器や袋の内側にもついてしまい、紅茶が湿気をおびてしまいますので、冷凍庫の保管もNGです。

冷蔵庫や冷凍庫がNGなのは緑茶も中国茶も同じです。

茶葉は必ず常温保存してください。

茶葉は極端に暑いところでなければ常温保存で大丈夫。

キッチンのコンロなどの火を使う場所や、直射日光が当たる場所さえ避ければ、どこに置いてもかまいません。

 

◆紅茶の劣化の原因

紅茶は日光湿度酸化臭いに弱いものです。

紅茶の茶葉は日光にあたると劣化が早いので、遮光できる容器に保管することをおすすめします。

そして、湿度と酸化と臭い移りを避けるためには、きちんと密閉できる容器に保管することがおすすめです。

遮光できて、密閉もできる「缶」は紅茶の保存に最適な容器です。

紅茶の保存には「缶」が最適
紅茶の保存には「缶」が最適
市販されている紅茶も缶入りが多いです。こちらはマリアージュフレールの缶入り紅茶です。
市販されている紅茶も缶入りが多いです。こちらはマリアージュフレールの缶入り紅茶です。
こちらも缶のみで売っている紅茶缶。100g用。こちらは合羽橋の道具街の缶屋さんで購入しました。
こちらも缶のみで売っている紅茶缶。100g用。こちらは合羽橋の道具街の缶屋さんで購入しました。
こんなに大きな缶もあります。右側の小さい缶は100g用の紅茶缶です。
こんなに大きな缶もあります。右側の小さい缶は100g用の紅茶缶です。
大きな缶の使い方は、このように余った茶葉やティーバッグを入れておくのに便利です。
大きな缶の使い方は、このように余った茶葉やティーバッグを入れておくのに便利です。

いかがでしたか?

開封した紅茶を2ヶ月で飲み切るのは、なかなか難しいかもしれませんが、美味しく紅茶をいただくために、ぜひ参考にしてくださいね。

風味が落ちてしまったなと思う紅茶があったら、紅茶風呂や、紅茶の特性を活かして、除湿剤や消臭剤として使うという手もあります。

でも、せっかく買った紅茶は、なるべく早く、美味しいうちに飲んでほしいなと思います。

上手に保管して、紅茶を楽しんでくださいね!