おいしいアイスティーの作り方<オンザロック方式>

オンザロック方式で作ったアイスティー

 

アイスティーの作り方はいろいろありますが、
今日は、私が一番おいしいアイスティーが作れると思っている
オンザロック方式のアイスティーの作り方をご紹介します。

必要な材料

  • 紅茶の茶葉
  • 水道水
icetea ontherocks recipe1

オンザロック方式のアイスティーの作り方

(1)やかんに汲みたてのお水を入れ、火にかけます。

ティファールなどの電気ケトルでもOKです。
ティファールなどの電気ケトルでもOKです。
しっかり沸騰させることが大切です。500円玉くらいの大きな泡が出てくるまで沸騰させます。
しっかり沸騰させることが大切です。500円玉くらいの大きな泡が出てくるまで沸騰させます。

(2)抽出用ティーポットを温めます。

 

紅茶の茶葉は95度以上のお湯でないとしっかり抽出できないので、お湯が冷めるのを防ぐために、抽出用ポットは事前に温めておきます。

 

icetea ontherocks recipe4

(3)茶葉をはかり抽出用ポットに入れます。
茶葉は通常の紅茶を淹れる時と同じ分量です。

出来上がりの量が150ccだとしたら
茶葉は3gが基本の量です。

 

今回は300mlのアイスティーを作りたかったので、6gの茶葉をティーポットに入れました。
今回は300mlのアイスティーを作りたかったので、6gの茶葉をティーポットに入れました。

(4)出来上がり量の半分のお湯を抽出用ポットに注ぎ、すぐに蓋をし、3分間蒸らします。

icetea ontherocks recipe6
icetea ontherocks recipe7

(5)サーブ用ポットに氷を入れます。

 

氷はたっぷり入れてください。
氷はたっぷり入れてください。

(6)蒸らし終わった茶液を氷の入ったサーブポットに一気に入れます。
このとき、最後の一滴までは入れないでください。
抽出用ポットに少し茶液が残るくらいが理想です。

最後の一滴(ベストドロップ)まで入れないのは、クリームダウンを防ぐためです。

icetea ontherocks recipe9

(7)グラスに注いで出来上がり。

今回はサーブ用ポットに氷を入れて作る方法をご紹介しましたが、
ポットに氷を入れず、グラスに氷を入れて熱い紅茶を直接グラスに注ぐ方法もあります。

その場合、まれにグラスが割れたり、ひびが入ってしまう恐れがありますので、熱い茶液はグラスに直接あてないように気を付けてください。
茶液は氷にあてるようにして注いでください。

icetea ontherocks recipe11

茶液が濁ってしまうクリームダウン現象について

アイスティーが濁ってしまう現象をクリームダウンと言います。
紅茶に含まれるタンニンとカフェインが結合し、ゆっくり冷めると白く濁ってしまいます。

ですので、それを避けるために、氷で一気に冷やします。
また、最後の一滴といわれるゴールデンドロップにはタンニンとカフェインが濃く出ているため、あまりとりすぎないように、茶液をすこしポットに残しているのです。

icetea ontherocks image2

いかがでしたか?

茶葉と氷さえあれば、すぐに美味しいアイスティーが出来るので、急な来客の時にも便利です。

まとめてたくさん作ることも出来ますが、アイスティーは傷みやすいので、1日で飲み切るようにしてくださいね。

もっと簡単にアイスティーを作りたい方は水出しアイスティーがおすすめです。

ティーバッグで作る一番簡単な水出し紅茶の作り方

TeaMagazineではアイスティーのレシピをいくつか紹介しています。
良かったらご覧になってくださいね。

<紅茶レシピ>とっても簡単!ティーシロップの作り方

<紅茶レシピ>夏バテ時におすすめ!キャンブリックアイスティーの作り方

<紅茶レシピ>真夏にぴったり!簡単に作れるマンゴーティースムージー

<紅茶レシピ>猛暑日に飲みたい!簡単に作れるぶどうのティースムージー