<お菓子と紅茶のマリアージュ>メゾン・ド・プティ・フール のガトー・バスク に合う紅茶は?

ガトーバスクと紅茶

マリアージュとはお茶とお菓子が引き立つ、最適な組み合わせのことです。

スイーツを最高に美味しくいただくには、それに合った紅茶を選ぶことがとっても大切。合わせた紅茶によって、おいしさが増したり、減ったりしてしまうからです。

今日のお菓子は東海道新幹線スイーツで人気のメゾン・ド・プティ・フールのガトー・バスクです。

さて、どんなマリアージュになったでしょうか?

◆今日のケーキ屋さん「メゾン・ド・プティ・フール」

「メゾン・ド・プティ・フール」は1990年にオープンしたお菓子屋さん。

オーナーの西野さんは、あのオーボンヴュータン(AU BON VIEUX TEMPS)で働いた後に渡仏。帰国後に「メゾン・ド・プティ・フール」を開店したそうです。

メゾン・ド・プティ・フールとはフランス語で「ひとくち菓子の家」という意味。
「おいしい」は人を「しあわせ」にするというポリシーのもとお菓子を作っているそうです。

メゾン・ド・プティ・フールのお菓子は東海道新幹線やJALでも扱われているので、その人気が伺えます。

◆今日のお菓子 メゾン・ド・プティ・フールの「ガトー・バスク」

<お菓子と紅茶のマリアージュ>メゾン・ド・プティ・フール のガトー・バスク に合う紅茶は?

 

ガトーバスクはフランスのバスク地方の伝統的なお菓子です。

さっくりとしたクッキー生地の中にフルーツを入れて焼いて作ります。

本場のものはダークチェリーを使いますが、メゾン・ド・プティ・フールのガトーバスクはアーモンドクリームとラム酒漬けのレーズンが入っています。

 

メゾン・ド・プティ・フールのガトーバスクは東海道新幹線でも売っている人気のスイーツです。

◆選んだ紅茶は「ディンブラ」

<お菓子と紅茶のマリアージュ>メゾン・ド・プティ・フール のガトー・バスク に合う紅茶は?

メゾン・ド・プティ・フールの「ガトー・バスク」は味がしっかりしているお菓子。

しっかりとした味のお菓子には、それに負けないような紅茶を合わせるようにしているので、ディンブラ、ウバ、アッサムあたりが合いそうだなと思いました。

そして、メゾン・ド・プティ・フールの「ガトー・バスク」はアーモンドクリームが入っているので、さっぱり目の紅茶のほうが相性が良いかしら?と思い、今日はディンブラを合わせることにしました。

 

ディンブラという紅茶

ディンブラは味がはっきりしている紅茶らしい紅茶です。
ディンブラは味がはっきりしている紅茶らしい紅茶です。

スリランカで採れる「ディンブラ」は私にとって、一番紅茶らしい紅茶。

適度な渋みとしっかりとしたコクと紅茶らしい香りが魅力的な紅茶です。

ディンブラについての詳しい記事はコチラ>>

マリアージュの結果

ティーウェアはエインズレイのヴィンテージです。
ティーウェアはエインズレイのヴィンテージです。

実はメゾン・ド・プティ・フールのガトー・バスクを家で食べるのは、この時が初めてでした。それまでは新幹線の中でしか食べたことがなかったんです。

新幹線の中なので、紅茶がないので、いつもコーヒーと一緒に食べていました。

ガトー・バスクはコーヒーと合わせても美味しいのですが、私は紅茶の方が好きなので、いつか紅茶と合わせて食べたいなと思っていて、やっと実現できました。

楽しみながら、いろいろ考えた結果、大好きなディンブラを合わせました。

コーヒーにも合うガトー・バスクだから、ディンブラも濃いめのが合うかなと思い、濃いめのディンブラを入れたら、とっても相性が良かったです。

香ばしさと、アーモンドクリームと甘いレーズン、それぞれがすべてディンブラに合うなあと思いながら食べました。

メゾン・ド・プティ・フール(Maison de Petit Four)

店名:メゾン・ド・プティ・フール
本店住所:
東京都大田区仲池上2-27-17
都営浅草線西馬込 駅より徒歩約10分
TEL: 03-3755-7055
営業時間:9:30~18:30
定休日:水曜日
(月一回、不定期、火・水連休あり)

ガトー・バスク
1個入: 280円(税込)
10個入: 2,760 円(税込)
15個入: 4,090 円(税込)

メゾン・ド・プティ・フールの公式HPはこちら>>