<お菓子と紅茶のマリアージュ>スフレチーズケーキと相性のいい紅茶は?

<お菓子と紅茶のマリアージュ>スフレチーズケーキと相性のいい紅茶は?

マリアージュとはお茶とお菓子が引き立つ、最適な組み合わせのことです。

スイーツを最高に美味しくいただくには、それに合った紅茶を選ぶことがとっても大切。合わせた紅茶によって、おいしさが増したり、減ったりしてしまうからです。

今日のお菓子は定番のケーキ「スフレチーズケーキ」です。

さて、どんなマリアージュになったでしょうか?

こちらは近所のパン屋さんで買って来たスフレチーズケーキ
こちらは近所のパン屋さんで買って来たスフレチーズケーキ
生地のキメが細かいです。
生地のキメが細かいです。

スフレチーズケーキとはベイクドチーズケーキと違ってふわふわな食感を楽しめるチーズケーキです。柔らかくフワフワな食感にするために、泡立てた卵を使ったり、湯煎焼きをしています。ベイクドチーズケーキは生クリームを入れて作るのに対し、チーズスフレケーキは牛乳を入れて作ります。

そして、スフレーチーズケーキはアメリカでは「ジャパニーズスタイルチーズケーキ」と呼ばれているように、日本で生まれたチーズケーキなのです。

ベイクドチーズケーキが日本に入って来た頃、日本では固いケーキよりも柔らかいケーキの方が人気があったので、ベイクドチーズケーキを柔らかくする工夫がなされ、スフレチーズケーキが誕生しました。

現在日本でチーズケーキと言ったら、だいたいこのスフレチーズケーキのことを指すようです。

ちなみにスフレとはフランスのお菓子でメレンゲをオーブンで焼いたお菓子のことです。

 

選んだ紅茶はリプトンの「エクストラクオリティ セイロン」

<お菓子と紅茶のマリアージュ>スフレチーズケーキと相性のいい紅茶は?

今回合わせた紅茶はリプトンの「エクストラクオリティ セイロン」。

今日のおやつは「特別なおやつ」ではなくて、「普段のおやつ」なので、紅茶も「普段使いの紅茶」にしたかったのです。

なので定番の青缶を選びました。

 

リプトンの「エクストラクオリティ セイロン]という紅茶

こちらは450gの青缶です。
こちらは450gの青缶です。

リプトンの「エクストラクオリティ セイロン」は「リプトンの青缶」とも呼ばれている紅茶です。

1907年に日本で販売開始され、パッケージは当時のままだそうです。

ヌワラエリヤをベースにしたブレンド紅茶で、すっきりしていて、渋みが程よく飲みやすい紅茶です。

110gで912円という素晴らしいコストパフォーマンスの紅茶でもあります。

リプトンの「エクストラクオリティ セイロン」は楽天でも購入出来ます。

リプトン公式楽天市場店はこちら>>

マリアージュの結果

ポット以外のティーウェアはエインズレイのローズデールです。
ポット以外のティーウェアはエインズレイのローズデールです。

アップルパイはカスタードクリームが入っていて、ボリュームがあったのと、バニラアイスクリームも添えてしまったので、紅茶はさっぱりしたものがいいなと思って、リプトンの青缶を選びました。

ミルクも用意しましたが、ストレートティーで十分楽しめました。

焼きたてカスタードアップルパイと青缶の相性はぴったり。

焼きたてカスタードアップルパイの素材の良さを邪魔しないけど、お口をさっぱりさせてくれるので、次の一口が美味しく感じることのできるマリアージュでした。

リプトンの青缶を飲んだのは久しぶりでしたが、長く愛されている理由が分かったような気がしました。