ミルクティーを美味しく飲む5つのコツ

ミルクティーの画像

涼しくなってきたので、ミルクティーが恋しい季節になってきましたね。


つい先日までは水出し紅茶をガブガブ飲んでいたのですが、最近はホットティーを淹れる日が増えました。


そして、秋はミルクティーが美味しく飲める季節。ミルクティーはちょっとしたコツを知っていると
とっても美味しくいただけるので、今日はそのコツをご紹介します。

◆美味しいミルクティーのコツ①茶葉選び

ミルクのコクに負けないように
紅茶もコクのある物を選びましょう。

おすすめは
アッサム、ウバ、ルフナ

それ以外にも
キャンディ、ディンブラ、ケニアなどもミルクティーにいいですね。

また、ブレックファーストブレンドロイヤルブレンドなどのブレンドティーもミルクティーに適した紅茶です。

◆美味しいミルクティーのコツ②紅茶の抽出時間

紅茶の抽出時間は茶葉の大きさによって異なります。

OPやFOPなどの大きめの茶葉なら3分、
BOPなどの細かい茶葉なら2分
を目安にお好みで調節することをおすすめしています。

でも、これはストレートで紅茶を飲む場合の目安です。

ミルクティーにして紅茶をいただくときは
ストレートティーの時よりも1分長めに抽出時間をとると、
ミルクに負けない、しっかりとした紅茶に仕上がります。

ミルクティーで飲むときは、抽出時間を1分長めに取りましょう。

大きめの茶葉なら、4分
小さめの茶葉なら、3分を目安にして紅茶を淹れてみてくださいね。

◆美味しいミルクティーのコツ③ミルクの選び方

ミルクと一口に言っても「牛乳」、「生クリーム」、「コーヒーフレッシュ」などがありますがミルクティーのミルクは普通の牛乳が一番適しています

 

<生クリーム>
コーヒーの場合は生クリームをよく入れますが、生クリームだと紅茶が負けてしまいます。
思いっきり濃く淹れた紅茶なら生クリームにも合いますが、そこまで濃くない紅茶なら普通の牛乳を入れるミルクティーが一番美味しいと思います。

ちなみに北ドイツのオストフリースラント地方では紅茶に生クリームを入れて飲む習慣があります。オストフリースラント地方で飲まれている紅茶は生クリームに合うように濃い目に抽出できるブレンド紅茶があり、オストフリースラントブレンドなんて呼ばれています。

 

オストフリースラント風の紅茶

 

<コーヒーフレッシュ>
一般的なコーヒーフレッシュは乳製品ではなく油で作られているので、美味しいミルクティーにはなりません。
また、体にも良くない物が入っているので、コーヒーフレッシュは絶対に避けてほしいです。

<牛乳>
ミルクティーには普通の牛乳が一番合います。
牛乳にはさまざまな種類がありますが、紅茶に合う牛乳は低温殺菌牛乳です。
好みにもよりますが、紅茶の風味を邪魔しない低温殺菌牛乳が一番ミルクティーに向いていると思います。

紅茶に合う牛乳の選び方についてはミルクティーが美味しくなる牛乳の選び方という記事で詳しく説明しています。よかったらこちらも参考にしてみてください。

 

sIMG_5394

◆美味しいミルクティーのコツ④ミルクの淹れ方

イギリスでは長年、ミルクを先に入れた方が美味しいミルクティーになるのか、
それとも後からミルクを入れた方が美味しいミルクティーになるのかと論争がされていました。

カップに紅茶を入れてからミルクを入れることをMIA(ミルクインアフター)といい、カップにミルクを入れてから紅茶を入れることをMIF(ミルクインファースト)と言います。

上流階級の人はMIA派が多いと言われています。

MIAのほうがミルクティーが美味しいと主張する以外のMIAのメリットは、

・ティーカップに紅茶を先に入れると、ティーカップの内側の模様を楽しめる。
・紅茶の色を見ながらミルクの量の調整が出来る。

労働者階級の人はMIFが多いと言われています。

MIFのほうがミルクティーが美味しいと主張する以外のMIFのメリットは、

・カップに茶渋がつきにくいので洗う時に楽である。
・紅茶の熱さでカップが壊れることがあるので、それを避けるため先にミルクを入れた方がいい。

このように長年論争がなされていましたが、2002年6月には一応の決着がつきました。

英国王室科学アカデミーの発表によると、ミルクティーのミルクは、牛乳を先に入れた方が美味しいのだそうです。MIFのほうが美味しいミルクティーだという結論です。

理由としては、ミルクを先に入れた方が、ミルクの温度が高くならないからです。

紅茶を先に入れたカップに牛乳を入れると、紅茶の熱でミルクが温められ、タンパク質の変化が起こる可能性があり、タンパク質が熱により変質してしまうとゆで卵のような臭いがしてしまい、紅茶の風味を台無しにしてしまいます。

しかし、ミルクを先に入れておけば、そこまでミルクが熱くなることはないので、MIFのほうが美味しいミルクティーになると結論されました。

sIMG_3490

◆美味しいミルクティーのコツ⑤ミルクの温度

高級ホテルでは、温かいミルクを出しているところが多いので、温かいミルクの方が親切に思われがちですが、ミルクティー用のミルクは冷たい牛乳を使うのが正解です。

ミルクティー用の牛乳は温めた物でなく、必ず、冷たいままの牛乳を用意しましょう。

美味しいミルクティーのコツ④で説明したように、牛乳を温めすぎるとタンパク質の臭いが出てしまい、繊細な紅茶の香りを妨げてしまうのです。

また、紅茶は出来上がった時の温度は熱すぎて、飲むのに適した温度ではありません。冷たいミルクを入れることで、早く飲み頃の温度になります。

◆ミルクティーに入れるお砂糖について

実は、私は紅茶にお砂糖を入れることはあまりしません。
お茶菓子と一緒に紅茶を頂く時は、お菓子の甘みを感じたいのでお砂糖は入れないのです。

お茶菓子がなくてロイヤルミルクティーやフルーツティーやフレーバーティーを飲む時にたまに使う程度です。

なので、お砂糖にはあまり詳しくありませんが、紅茶に一番適しているのはグラニュー糖だと思います。
理由としてはクセがなく溶けやすいからです。

◆ミルクティーがさらに美味しくなるお菓子

クッキーも最高の組み合わせのひとつ。こちらは溜池山王のツッカベッカカライカヤヌマのクッキーです。
クッキーも最高の組み合わせのひとつ。こちらは溜池山王のツッカベッカカライカヤヌマのクッキーです。
ミルクティーとショートブレッドはベストマッチですね。
ミルクティーとショートブレッドはベストマッチですね。
こちらはオレンジのパウンドケーキ。焼き菓子は日持ちするのでとっても便利ですね。
こちらはオレンジのパウンドケーキ。焼き菓子は日持ちするのでとっても便利ですね。
ヴィクトリアサンドウィッチケーキ。こちらは紅茶教室の先生の手作りのものです。
ヴィクトリアサンドウィッチケーキ。こちらは紅茶教室の先生の手作りのものです。

合わせる食べ物によってもミルクティーの美味しさはグンと変わります!

ミルクティーの時のお茶菓子は何と言っても焼き菓子が一番ですね。

クッキーショートブレッド
パウンドケーキヴィクトリアサンドウィッチケーキ
などと一緒に頂くミルクティーはとっても美味しいですね!

 

こちらは通販で購入できるミルクティーに合うお菓子たちです。

ウォーカー ショートブレッド 200g
ダロワイヨ オレンジ味 パウンドケーキ
ヴィクトリア サンドイッチ

 

逆にミルクティーに合わないお菓子は

果物、ゼリー、和菓子など

さっぱりしたものはミルクティーには合いません。

さっぱりとしたものにはダージリンやヌワラエリヤなどのストレートティーが合います。

「ミルクティーを美味しく飲む5つのコツ」いかがでしたか?

コツをつかんで秋は美味しいミルクティーを楽しんでみてくださいね。

美味しい紅茶の淹れ方は過去記事を参考にしてくださいね。→美味しい紅茶の淹れ方


紅茶とお茶菓子の組み合わせのことはペアリングやマリアージュと言います。
TeaMagazneでは、おすすめの組み合わせの記事も書いていますので、よかったらご覧になってくださいね!