<紅茶の種類>紅茶のシャンパン「ダージリンセカンドフラッシュ」

ティーカップに入ったダージリンセカンドフラッシュ

紅茶のシャンパンと呼ばれているダージリンのセカンドフラッシュ。

あらゆる紅茶の中でも一番香り高いのが、このダーリンセカンドフラッシュです。

今日はそんなダージリンセカンドフラッシュについてご紹介します。

ダージリンセカンドフラッシュの特徴

  • 茶葉:
    明るめの茶色。
    ダージリンの茶葉はオーソドックス製法で作られています。
  • 水色:
    明るくて透明感のある濃いオレンジ色
  • 香り:
    フルーティーな香り。
    特に上質なものはマスカテルフレーバーと呼ばれる、マスカットのような香りがします。
  • 味:
    力強いコクとキレのある渋味
ダージリンセカンドフラッシュの茶葉
ダージリンセカンドフラッシュの茶葉

ダージリンのクオリティシーズン

ダージリンは、インド国内でも有数の避暑地として知られる場所。平均標高約2,100mの高地です。

ダージリンのクォリティシーズンは年に3回。

3月~4月はファーストフラッシュ(春摘み)
5月~6月はセカンドフラッシュ(夏摘み)
10月から11月初旬はオータムナル(秋摘み)

一般的に、春摘みのファーストフラッシュと夏摘みのセカンドフラッシュの評価が高く、この2つはお値段も高めです。

ダージリンは世界三大銘茶のひとつ

ダージリンは、世界三大銘茶のひとつに数えられます。

世界三大銘茶と呼ばれている紅茶は他にウバとキームンがありますが、その中でも、一番有名なのがこのダージリンではないでしょうか?

紅茶好きというわけでなくても、ダージリンが紅茶ということを知っている人はとても多いですものね。

ダージリンのセカンドフラッシュは、マスカテルフレーバーと呼ばれます。
マスカテルとはマスカットのような香りという意味で、ダージリン・セカンドフラッシュだけにある、独特のフルーティーな香りです。

 

ダージリンの生産量は、インド紅茶のたった1%

紅茶の生産量第1位のインドで作られているダージリンですが、その生産量はごくわずかで、インド全体の紅茶生産量のうちたったの1%。

これだけの知名度がある紅茶であるにも関わらず、最近の年間生産量はたったの約1トンです。

 

紅茶のシャンパンとも呼ばれているセカンドフラッシュ

ダージリンセカンドフラッシュはその華やかな香りとキリッとした味わいから「紅茶のシャンパン」と呼ばれています。

上質なものは水出しアイスティーにしても香り高く、コクがあり、他の紅茶では出せないリッチさが味わえます。

 

 

セカンドフラッシュの水出しの味を覚えてしまうと、他の紅茶の水出しでは物足りなくなってしまうほど!とてもおいしいです。
セカンドフラッシュの水出しの味を覚えてしまうと、他の紅茶の水出しでは物足りなくなってしまうほど!とてもおいしいです。

写真の水出し紅茶に使用している容器は「ハリオ フィルターインボトル」

Tea Magazineで度々登場している、ガラス製の水出し茶ボトル。
茶葉とお水を入れておくだけで、とっても簡単に水出しアイスティーが作れます。
オフホワイト・レッド・オリーブグリーンの全3色。

ハリオ フィルターインボトルが通販で買えるページはこちら≫

ダージリンセカンドフラッシュが美味しく飲めるティーカップ

ダージリンセカンドフラッシュが美味しく飲めるカップ

ダージリンセカンドフラッシュを長年飲み続けていると、カップの形状によっても美味しさが変わることが分かってきました。

左から

マイセンのスワンサービスのカップ

ロイヤルドルトンのダージリンのカップ

ウェッジウッドのワイルドストロベリーのピオニーシェイプのカップ

darjeering teacup

横から見ると、よくわかりますが、これらのカップは高さと口の開き具合が異なります。

この中で、ダージリンセカンドフラッシュが一番美味しく飲めるカップはどれでしょうか?

 

答えは2番目のロイヤルドルトンのダージリンという名前のティーカップです。

 

高めのカップはダージリンセカンドフラッシュの渋みをやわらげ、口の開いた形はダージリンセカンドフラッシュの香りを広げてくれるからです。

 

ティーカップを変えただけでも紅茶の味と香りは違って感じます。

私はロイヤルドルトンのダージリンが一番おいしいと感じましたが、他のティーカップの形状のほうが美味しく感じる方もいるかもしれません。

形の違うカップをお持ちでしたら、ぜひお試ししてみてくださいね。

ダージリンセカンドフラッシュはロイヤルアルバートのモントローズシェイプのティーカップでも美味しく飲めます。

ロイヤルアルバートのモントローズシェイプのティーカップは紅茶が美味しく飲める究極のティーカップと言われているんですよ。

ロイヤルアルバートのモントローズシェイプについては別記事で詳しく説明していますので、興味のある方はぜひご覧になってくださいね。

ロイヤルアルバートのモントローズシェイプについて詳しくはこちら>>

いかがでしたか?


ダージリンセカンドフラッシュは私が特に好きな紅茶です。

ダージリンセカンドフラッシュが好きすぎて、紅茶仲間と毎年ダージリンセカンドフラッシュの飲み比べの会をしているくらいです。

ダージリンセカンドフラッシュの飲み比べの会の様子

このように毎年多くのダージリンセカンドフラッシュを飲み比べています。

ダージリンセカンドフラッシュの茶葉は銀座のリーフルで購入することが多いです。

リーフルはダージリンの専門店なので、毎年たくさんの種類のダージリンセカンドフラッシュが置いてあるからです。

そして、ダージリンセカンドフラッシュはお値段が張るものが多いのですが、リーフルでは高級な茶葉は少ない量でも売っています。

15gなどで販売しているので、高級茶葉でも安価に買えるところも魅力です。

だから少ない量のダージリンセカンドフラッシュをいろいろ買ってみて、気に入ったものをリピート買いするということも出来ます。

リーフルは茶葉の試飲ができますが、稀少な茶葉だと試飲ができません。そして稀少な茶葉は高額なことが多いので、少量で買えるシステムはとてもいいと思います。

リーフル以外ではジークレフ、シルバーポット、ティージュ、ルピシアなどでもダージリンセカンドフラッシュを買います。

通販でも美味しいダージリンセカンドフラッシュは手に入ります。

下にリンクを貼っておきますので、気になる方は覗いてみてくださいね!

おすすめのダージリンセカンドフラッシュ

 <楽天>紅茶専門店 シルバーポット

2016年ダージリンセカンドフラッシュ サングマ茶園 20g ¥1,016

サングマ茶園は特に好きな茶園でセカンドフラッシュは毎年チェックしています。中国種のダージリン特有のマスカテルフレーバーを存分に楽しめる紅茶です。

2016年ダージリンセカンドフラッシュ サングマ茶園が買えるページはこちら>>

 <楽天>紅茶専門店 銀の芽

2016年ダージリンセカンドフラッシュ タルボ茶園 40g ¥1,650

タルボ茶園も毎年購入している茶園です。タルボ茶園のダージリンは華やかな香りと比較的マイルドな飲み心地がお気に入りです。

2016年ダージリンセカンドフラッシュ タルボ茶園が買えるページはこちら>>