ティーバッグのおすすめ紅茶5選!安くても本当に美味しいはどれ!?

teabag recommended image

 

私は自他ともに認める紅茶好き♥数年前に紅茶講師の資格も取ったので、紅茶について質問されることも多くなりました。

「手軽に買える、安くて美味しいティーバッグの紅茶はどれですか?」と聞かれることもあるのですが、紅茶の勉強をするようになってからは、ティーバッグの紅茶はあんまり飲まなくなってしまったので、上手に答えられませんでした。

でも、それではいけないと思って、ここ1年くらいはティーバッグの紅茶をリサーチ。

やっと、安くて美味しいティーバッグ紅茶はこれですよ!と自信をもって答えられるようになったので、ここでも紹介します!

teabag recommended1 1

 

オークラホテルから出ているティーバッグのダージリン。

ダージリンのティーバッグは香りや渋みが物足りないものが多い中、これはどちらも味わえるのでおすすめです。そして、価格もかなりリーズナブル。

公式ページをみても、あまり情報がないのですが、さすがオークラと思えるクォリティーです。

通販ではコーヒーとのセット売りしかないので、スペシャルティー ダージリンだけを購入するにはオークラに行かなくてはならないのが残念。

単品での通販もあればいいのにと思うティーバッグ紅茶です。

teabag recommended1 2

 

●ホテルオークラ スペシャルティー ダージリンのおすすめの飲み方

ストレートティー。1分半の抽出時間がおすすめ。それ以上浸していると渋みが出てしまいます。

ホテルオークラ スペシャルティー ダージリン

容量 2.5g
単価:@32.4円
包装:アルミパック個包装

10個入り、20個入りがあります。

◆オーリエンス アールグレイ アウェイクニング

teabag recommended2 1

 

オーリエンスは日本の老舗紅茶ブランド三井農林から2017年に発表された新しいシリーズ。

コンセプトは「こころに満ちる香り、自分だけの時間」。ということで紅茶の味はもちろんだけど香りを大切にしたオリジナルのブレンドティーを展開しています。

オーリエンスのラインナップは全部で5種。
ダージリン・スプレンダーとアッサム・サンライズはノンフレーバティー。
オリエンタル・クイーン、アールグレイ・アウェーニング、ミスティ・キャッスルはフレーバーティー。

オーリエンス紅茶について詳しくはこちら>>

中でも私のお気に入りは「アールグレイ・アウェーニング」
インドとスリランカのブレンドティーにオレンジの果皮を加え、ベルガモットとオレンジのフレーバーを付けた紅茶。
リーズナブルな紅茶なのに、本物のオレンジピールも入っていることにびっくりしました。

軽めの紅茶に爽やかな柑橘のフレーバーがよく合い、オレンジピールのほろ苦さもよいアクセントになっています。

oriens tea1

 

●オーリエンス アールグレイ アウェイクニングのおすすめの飲み方

ストレートもしくは炭酸水での水出し

ストレートで少量のお砂糖を入れると味がまとまり、より美味しく感じます。
炭酸水で水出しにしても美味しいです。

オーリエンス アールグレイ アウェイクニング ティーバッグ

容量 2g
単価:@36円(amazon価格で計算)
包装:アルミパック個包装

◆Dilmah(ディルマ) Garden Fresh Tea (ガーデンフレッシュティー) 

teabag recommended3 1

 

ディルマは紅茶の産地スリランカの初の紅茶ブランド。

ディルマは1988年の創業されたブランドですが、すでに100か国以上で愛飲されており、その美味しさには定評があります。

ディルマは「新鮮・純スリランカ(セイロン)産」にこだわり、茶葉を収穫してから1日以内で発酵・製茶しています。だから鮮度の高い美味しい紅茶を作れるのです。

そんなディルマを代表する「ガーデンフレッシュティー」はスリランカ中央高地で手摘みされた茶葉のみを使用。

色・香り・味わいともにバランスよく、ディルマの創業当時から一番人気の紅茶です。

teabag recommended3 2

 

●ディルマ ガーデンフレッシュティーのおすすめの飲み方

ストレートでもミルクティーでも美味しくいただけます。

ストレートの場合は1分半の抽出時間がおすすめ。
渋みが少なくスッキリとしていながらもほんのり甘みを感じる美味しい紅茶です。

ミルクティーの場合は2分の抽出時間がおすすめ。
抽出時間を少し長くすることによってミルクに負けない紅茶の風味を味わえます。

ディルマ ガーデンフレッシュティー ティーバッグ

容量 2g
単価:@26円(amazon価格で計算)
包装:アルミパック個包装

◆minton(ミントン) オリジナルブレンド

teabag recommended4 2

 

ミントンは英国の磁器ブランド。そのミントンの紅茶シリーズは京都の共栄製茶が作っています。
共栄製茶は1836年(天保7年)創業の老舗のお茶屋さん。

ミントンティーは1996年から販売。
オリジナルブレンドを始めとするベーシックなノンフレーバーティーをはじめ、アールグレイやアップルなどのフレーバーティー、近年は京都や鹿児島産の和紅茶も発表しています。

ミントン オリジナルブレンドはインドのダージリンとアッサムのブレンドティー。
渋みが少なくまろやかな味わいで、ストレートで楽しみたい紅茶。
抽出時間をしっかりとれば、ミルクティーでも美味しくいただけます。

最近ではミントンの人気の紅茶6種類(オリジナルブレンド、ロイヤルミルクティーブレンド、ダージリン、ウバセイロン、アールグレイ、アップル)を9袋づつパックした「バラエティパック54P」が登場。54袋入りで1,296円(税込)という良心的な価格も魅力。

ミントン オリジナルブレンドのみのパックよりも単価が安いので「バラエティパック54P」がおすすめです。

teabag recommended4 3

 

●ミントン minton オリジナルブレンド のおすすめの飲み方

ストレートでもミルクティーでも美味しくいただけます。
でも、私が好きなのはストレート。2分抽出でしっかり淹れても渋みがなく、爽やかなコクが楽しめるマイルドな紅茶です。

ミントン minton オリジナルブレンド ティーバッグ

容量 2g
単価:@24円(バラエティパックで計算)
包装:アルミパック個包装

◆成城石井 セイロンティーバッグ100P

teabag recommended5 1

 

最後にコストパフォーマンスが最高にいい紅茶をご紹介します。

成城石井のオリジナル紅茶のセイロンディンブラは1個10円以下のティーバッグ紅茶なのに、味も香りもしっかりしています。

これくらいの低価格の紅茶は香りが乏しく、味も酸味ばかりが目立って美味しくないものが多い中、なかなか検討しています。

日常的に飲む紅茶としては十分な美味しさ。

紙パッケージなので、缶に入れるなど保管に気を付けないと、風味が飛んでしまう心配がありますが、この価格なので紙パッケージなのはしかたがないかなと思います。

teabag recommended5 2

 

●成城石井 セイロンティーバッグ100Pのおすすめの飲み方

ストレートがおすすめ。抽出時間の目安は1分半。

紅茶らしい香りがあり、渋すぎず、飲みやすい紅茶です。

成城石井 セイロンティーバッグ100P

容量 2g
単価:@7.45円(amazon価格で計算)
包装:紙パック個包装

いかがでしたか?

リーズナブルなティーバッグの紅茶でも、探せば美味しい紅茶は結構あるものです。

今回紹介した紅茶はどれも気軽に試せる価格なので、普段あんまり紅茶を飲まない方でもぜひ試しに飲んでいただきたいです。

私は紅茶が好きなので、紅茶好きの方がもっと増えるといいなと思っています。

これからも、安くて美味しい気軽に試せるティーバッグの紅茶を探すので、他にもおすすめしたい紅茶を見つけられたら、またご紹介しますね。