東京のリアルスイーツが切手に!郵便局の「スウィーツ切手」が可愛すぎる♥

2019年2月1日に発売されたスウィーツ切手

 

郵便局で可愛いスイーツの切手を発見しました!!!

単なるスイーツのイラストの切手かな?と思ったら

描かれているスイーツはなんと実在するスイーツたち!

私も食べたことがあるスイーツも入っていたので、嬉しくなってしまいました!

◆スイーツ切手は2種類

郵便局でスイーツ切手が発売されたのは2019年2月1日。

正式名称は「スウィーツ切手」です。

雑誌「BRUTUS」とのコラボ企画で東京の名店のスイーツたちが切手に描かれています。

こちらは82円の「スウィーツ切手」
こちらは82円の「スウィーツ切手」

82円のスウィーツ切手に登場しているスイーツは

  • トラヤカフェ「あんトースト」
  • 資生堂パーラー「ストロベリーパフェ」
  • 銀座 若松「元祖あんみつ」
  • カフェ香咲「ホットケーキ」
  • 山の上ホテル パーラーヒルトップ「水出しコーヒーゼリー」
  • 西洋菓子しろたえ「レアチーズケーキ」
  • 髙木屋老舗「草だんご」
  • 銀座ウエスト「プリン」
  • 東京會舘「マロンシャンテリー」
  • キル フェ ボン「季節のフルーツタルト」
こちらは62円の「スウィーツ切手」
こちらは62円の「スウィーツ切手」

62円のスウィーツ切手に登場しているスイーツは

  • ヨックモック「シガール」
  • 代官山 小川軒「レイズン・ウィッチ」
  • 茂助だんご「お団子」
  • 黒松本舗 草月「黒松」
  • パティスリー1904「しまなみレモンケーキ」
  • 松島屋「豆大福」
  • オーボンヴュータン「カヌレ」
  • 近江屋洋菓子店「苺サンドショート」
  • マッタ―ホーン「バウムクーヘン」
  • 銀座千疋屋「フルーツサンド」

◆切手のイラストとリアル写真を並べてみたら

スイーツ切手のスイーツの中で私が食べたことがあるものがいくつかあったので
切手と写真を並べてみました。

<資生堂パーラー「ストロベリーパフェ」>

スウィーツ切手の資生堂パーラー「ストロベリーパフェ」
スウィーツ切手の資生堂パーラー「ストロベリーパフェ」
リアル写真の資生堂パーラー「ストロベリーパフェ」
リアル写真の資生堂パーラー「ストロベリーパフェ」

すごい再現率~♥
当サイト(TeaMagazine)の資生堂パーラー「ストロベリーパフェ」の記事はこちら↓

西洋菓子しろたえ「レアチーズケーキ」

スイーツ切手のしろたえ「レアチーズケーキ」
スイーツ切手のしろたえ「レアチーズケーキ」
リアル写真のしろたえ「レアチーズケーキ」
リアル写真のしろたえ「レアチーズケーキ」

<東京會舘「マロンシャンテリー」>

スウィーツ切手の東京會舘「マロンシャンテリー」
スウィーツ切手の東京會舘「マロンシャンテリー」
リアル写真の東京會舘「マロンシャンテリー」
リアル写真の東京會舘「マロンシャンテリー」

切手のイラストが見にくいけれど、こちらもすごい再現率!

東京會舘はつい先日の2019年1月8日に建て替えを終えてリニューアルオープンしたばかり。

東京會舘では、どのレストランでもマロンシャンテリーを食べられるけれど、お食事をしないでマロンシャンテリーだけを食べるなら1Fのロッシニテラスがおすすめです。マロンシャンテリーは東京會舘内のペイストリーショップでも売っています。

当サイト(TeaMagazine)のロッシニテラスの記事はこちら↓

<キル フェ ボン「季節のフルーツタルト」>

スウィーツ切手のキル フェ ボン「季節のフルーツタルト」
スウィーツ切手のキル フェ ボン「季節のフルーツタルト」
リアル写真のキル フェ ボン「季節のフルーツタルト」
リアル写真のキル フェ ボン「季節のフルーツタルト」

キルフェボンの季節のフルーツタルトは時期によってフルーツが変わるのに、たまたま私が食べた時とフルーツがほぼ一緒でした!!!

こちらはお友達の家に手土産として持って行ったときの写真。
押上のキルフェボンで購入したのでスカイツリーのスティックが刺さっています。

<ヨックモック「シガール」>

スウィーツ切手のヨックモック「シガール」
スウィーツ切手のヨックモック「シガール」
リアル写真のヨックモック「シガール」
リアル写真のヨックモック「シガール」

シガールはよく食べているはずなのに記事に書いてなかったんですよね~
今度食べる機会があったらちゃんと記事に残しておこうと思いました。

<パティスリー1904「しまなみレモンケーキ」>

スウィーツ切手のパティスリー1904「しまなみレモンケーキ」
スウィーツ切手のパティスリー1904「しまなみレモンケーキ」
リアル写真のパティスリー1904「しまなみレモンケーキ」
リアル写真のパティスリー1904「しまなみレモンケーキ」

<銀座千疋屋「フルーツサンド」>

スウィーツ切手の銀座千疋屋「フルーツサンド」
スウィーツ切手の銀座千疋屋「フルーツサンド」
リアル写真の千疋屋総本店「フルーツサンド」
リアル写真の千疋屋総本店「フルーツサンド」

千疋屋のフルーツサンドも食べたわ!!!と思って写真を探してみたけど、ちょっと違う感じ・・・

スイーツ切手は銀座千疋屋「フルーツサンド」、私の写真は千疋屋総本店でアフタヌーンティーをしたときに食べたもの。

同じ千疋屋でも千疋屋違いでした。

ちなみに千疋屋は「銀座千疋屋」、「千疋屋総本店」、「京橋千疋屋」などがあり、すべて系列は違うようです。

これは「銀座千疋屋」にも行きなさいとの神のお告げと信じて、近々行ってこようと思います。

当サイト(TeaMagazine)の千疋屋総本店アフタヌーンティーの記事はこちら↓

◆スウィーツ切手の入手の時の注意点

スウィーツ切手とっても可愛いですよね!

私は運よくスウィーツ切手を売っている郵便局に行ったので無事に購入することが出来ましたが、スウィーツ切手を取り扱っていない郵便局もあるのです。

確実に売っているのは郵便局の「直営局」
直営局とは集配業務も行っている大きい郵便局のことです。

町中にある小さな郵便局は「簡易局」と言って、直営ではないので扱っている切手の種類が少ない傾向にあるのです。

簡易局ではその局の局長さんや局員さんが仕入れる切手を選んでいるので、すべての限定切手があるとは限らないんですね。

私は簡易局では取り扱っていないことが多いサンリオの切手が好きなので、切手を買いに行く時は必ず直営局に行くので、「スウィーツ切手」にも出会えました。

ちなみに直営局で「スウィーツ切手」の在庫について伺ってみたら、「まだたくさんありますよ~」とのことでした。

ちょっと気になったので、帰りに近所の簡易局ものぞいてみたら、一か所は売り切れ、一か所は取り扱ってないとのことでした。

スウィーツ切手は郵便局のオンラインショップでも購入できるけど、送料が720円もかかってしまいます。

ということで、スウィーツ切手に限らず郵便局の限定物は直営局で買うのが正解だと思います!

いかがでしたか?

スイーツ好きな私にとってはとっても嬉しい切手企画でした。

以前に発売されていたアフタヌーンティー切手を買い逃してしまっていたので、今回は偶然だけど無事にゲット出来て大喜びでした!

スウィーツ切手に選ばれたスイーツたちをコンプリートしたい!という目標も出来たので、今年もスイーツをたくさん食べないとですね!←ただ食べたいだけの言い訳です(笑)